除砂装置 サイクロン

地下水等の移送で砂の多い原水の前処理として設置します。

写真:除砂装置 サイクロン

原理と操作

サイクロンの仕組み 装置に適応した流量の水が流入管から円筒体下部の接線方向に流れ込みますと、円筒体の内部で遠心力をうけた砂粒子は水の高速回転に伴って円錐体内壁に沿って旋回しながら沈降し、連続的にサンドコレクターに堆積します。
この間除砂された水は円筒体中心部を旋回しつつ上昇し、流出管を経て送水されます。
一方サンドコレクターに堆積した砂粒子は覗窓よりの監視により、適宜ドレンバルブの開放で外部に排出されます。

用途

  • 1. 井戸水揚水中に流出する砂、河川表流水中に混入する土砂の分離除去。
  • 2. 製鉄工場圧延戻水中のスケール除去。
  • 3. 電線工場伸線機冷却用水中の銅粉除去および回収。
  • 4. 鉱山・炭坑の水力採炭循環水中の粉炭除去、回収。選鉱。脱泥。
  • 5. 軟水・除鉄ろ過装置などの前処理用。

サイクロンの効果グラフ

ページのトップへ