超高速ろ過設備

繊維ろ過装置

従来の凝集ろ過装置より更に流速を速めた超高速ろ過装置です。
台風などで突発的な原水濁度の急上昇(〜100mg/L)でも処理が可能です。

写真:外観 写真:内部長毛繊維

特長

  • ・従来の砂・アンスラサイトのろ床ではなくポリプロピレン長毛繊維を使用します。
  • ・ろ材の交換はカセット式となり、簡単です。
  • ・省スペース化に優れます。

性能比較表

従来方式 レンスイ(R)ファイバー

測定条件
(処理水量 10m3/h 原水濁度 7.0〜20.0mg/L)

ろ材重量:2300kg→13kg、通水LV:5〜15m/h→50〜80m/h、水回収量:95%→97%以上、PAC添加量:1.5mg/L→0.5mg/L

上記グラフのように原水濁度上昇による処理水濁度の大幅な改善が可能です。

ページのトップへ