逆浸透膜(RO膜)装置

RO膜を用いた純水設備です。
純水用途だけではなく、水淡水化、電子産業排水の回収など用途が多岐に渡ります。
又、RO膜種類により、低圧化での純水採水が可能となり、省エネルギー化も急速に進んでおります。

写真:逆浸透膜(RO膜)装置

逆浸透膜の原理

浸透現象 逆浸透現象

(1)海水槽と真水槽の間に半透膜を置くと、大気圧下でも真水は海水の槽に移動を始めます。
  これを浸透現象といいます。

(2)逆浸透膜はこの現象を利用し海水側に浸透圧に打ち勝つ圧力をかけて、海水の中の真水だけを移動させます。
  残った海水は更に濃縮されます。

除去対象表

除去対象表

RO膜での分離は主にイオン類となるため水質分析が必要となります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページのトップへ