トリクロロエチレン除去装置

トリクロロエチレンは、有機塩素化合物の一種で揮発性の物質であり
日本においては、現在ほとんど使用されていませんが
過去に使用されていたことによって、地下水中に含まれる場合があります。

本装置は、地下水中のトリクロロエチレンを効果的に除去する装置です。
活性炭吸着法に限らず、曝気法についても対応は可能ですので
お問い合わせ下さい。

トリクロロエチレンに関する水質基準が改正されました

「水質基準に関する省令等の一部を改正する省令」(平成23年厚生労働省令第11号)が
平成23年4月1日から施行となっています。
(水道法4条2項、5条4項及び50条の3並びに水道法施行令5条2項の規定に基づく省令の改正)
    今回の改正では、
  • 水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令101号)
  • 給水装置の構造及び材質の基準に関する省令(平成9年厚生省令14号)
  • 水道施設の技術的基準を定める省令(平成12年厚生省令15号)
  • の一部が変更になりました。

平成23年3月末まで0.03mg/Lですが、平成23年4月から0.01mg/Lになります。
トリクロロエチレンの水質基準値

ページのトップへ