サン次亜水 除菌 消臭

サン次亜水は、強力な除菌効果に高い安全性を備えた、弱酸性の次亜塩素酸ソーダ水溶液です。

水道やプールの殺菌にも使用される次亜塩素酸ソーダは、水溶液の状態でのpHの違いによって殺菌作用が大きく異なり、
pH6程度で最も殺菌作用が高くなることが知られています。

pH6程度に調整された弱酸性次亜塩素酸ソーダ水溶液(弱酸性次亜塩素酸水 微酸性次亜塩素酸水 微酸性電解水)は、
インフルエンザやノロウイルス対策として、近年注目されている優れた機能水です。

サン次亜水の除菌効果

サン次亜水は、ノロウイルスやセレウス菌といった食中毒の原因となる各種細菌・ウイルスに対して、
次亜塩素酸ソーダやアルコールと比較して優れた除菌効果が確認されています。

セレウス菌は、自然界に多く存在し、アルコールや次亜塩素酸ソーダ、さらには煮沸にも強い食中毒原因菌です。

セレウス菌芽胞に対する除菌効果

三葉化工株式会社自社実験
セレウス菌の芽胞菌液に各検体を180秒接触させた液を培養

ノロウイルスは、食中毒の原因となるウイルスです。
感染経路は感染者からの直接飛沫や嘔吐物、糞便からによると考えられています。

ネコカリシウイルスは、増殖方法が見つかっていないノロウイルスと同じカリシウイルス科に属し、
ノロウイルスに性質の似た代替ウイルスです。

ネコカリシウイルス(ノロウイルス)不活化試験結果

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成23年7月5日
試験成績書発行番号 第11048506001−02号

サン次亜水の消臭効果

除菌効果でわかるように、雑巾などの細菌増殖由来の臭いには、除菌して消臭するサン次亜水が効果的。

さらに、アンモニア臭にも効果があるため、トイレなどの清掃作業にも効果的です。

アンモニアの脱臭効果

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成23年7月4日
試験成績書発行番号 第11048506001−01号

サン次亜水の特徴@ 塩酸ではなく酢酸(お酢)

ところで、他の弱酸性次亜塩素酸水の多くには、原材料に塩酸が使用されてます。

このため、使用を検討されている施設関係者の皆様の御意見として、
「施設内に噴霧するには、原材料に塩酸が含まれるものではなく、もっと安心して使用できる商品がいい」
といった声がありました。

サン次亜水はそんな現場の声に応え、塩酸ではなく酢酸つまり“お酢”の力で、
pH6の弱酸性に調整された除菌水です。

サン次亜水の特徴A 軟水で噴霧器にも優しい

サン次亜水の製造過程では、すべて軟水が使用されています。
軟水で、加湿器や噴霧器などで使用できる濃度に調整しました。

加湿器や噴霧機に水道水を使用したときにタンクに白く固まる結晶状のスケールは、カルキ(塩素)ではなく、
カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分です。
ですから、ミネラル分が除去された軟水ではスケールができません。

軟水で製造されたサン次亜水は、タンクにスケールを付着させず、
加湿器や噴霧機にも優しい環境改善水です。

ご使用されている加湿器や噴霧機がサン次亜水に適しているか否かは、お問い合わせください。
なお、専用の噴霧器のご紹介もしております。

サン次亜水の生体への安全性

サン次亜水の生体への安全性に関しては、
商品(塩素濃度50mg/L、pH6)よりも高い塩素濃度の検体(塩素濃度200mg/L、pH6)にて試験が行われています。
その結果、サン次亜水は以下の試験の全てにおいて問題がないことが確認されています。

「ウサギを用いた皮膚一次刺激試験」
無刺激性の範疇に入ると評価された。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成23年7月4日
試験成績書発行番号 第11048506002−01号

「ウサギを用いた目刺激試験」
無刺激性の範疇に入るものと評価された。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成23年7月4日
試験成績書発行番号 第11048506002−02号

「ラットを用いた急性経口毒性試験」
異常は見られなかった。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成23年7月13日
試験成績書発行番号 第11048506002−03号

「雌ラットを用いた器官内投与による急性毒性試験」
異常は見られなかった。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成23年7月13日
試験成績書発行番号 第11048506002−04号

商品のご案内

サン次亜水商品画像

原材料 軟水 次亜塩素酸ソーダ 希酢酸(お酢)
内容量 20kg(スプレーボトル付属)、4kg×2/箱(スプレーボトル付属)
塩素濃度 50mg/L
pH値 pH6
保管上の注意 直射日光を避け、暗い場所で保管してください。
商品到着から2ヶ月以内、開封後1ヶ月以内で使用してください。
(紫外線や長期保管により品質が低下します。)

施設や公共機関、工場などで導入を検討されている皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
なお、個人のお客様とはお取引しておりません。

ページのトップへ